知多北部の地域ニュース、知多半島のイベント、グルメ、観光、暮らしの情報などを紹介するサイト【ちたまるナビ】

ちたまるNavi

知多四国

半田赤レンガ建物(旧カブトビール工場)

半田赤レンガ建物(旧カブトビール工場)

明治31年(1898年)、丸三麦酒株式会社のビール工場として半田赤レンガ建物は誕生し、「カブトビール」というビールを全国に送り出しました。既にアサヒやサッポロ等の大都市メーカーがほとんどのシェアを占めていた時代、地方都市・半田から果敢に挑戦を仕掛けたのです。残念ながら昭和初期に製造は終了してしまいますが、豊かな財政力を背景にした建物の規模と構造的工夫の見事さは、半田の先人達がビール製造に込めた心意気を感じさせます。 ●この建物を設計したのは、明治建築界の三巨頭の一人、妻木頼黄(つまき よりなか)です。安定した温度と湿度を必要とするビール工場ならではの特徴的な構造を持っており、2重~5重の空気層を有する壁(複壁)や、多重アーチ床(断熱耐火床)など、室全体を外気から遮断し、低温を保つ工夫が随所に見られます。 また、レンガ造建築物としては全国有数の規模を誇ると共に、日本のビール製造の黎明期における数少ない工場の遺構です。 ●第二次世界大戦中、ビール工場としての役目を終え、中島飛行機製作所の衣糧倉庫として使用されていた半田赤レンガ建物は、昭和20年(1945年)7月15日、硫黄島からのP51小型機(通称:ムスタング)による超低空での攻撃を受けました。建物北側の壁面には今もその時の機銃掃射跡が生々しく残っています。  平成16年、半田赤レンガ建物は国の登録有形文化財(建造物)として登録されました。 ●普段は外観を眺めることしかできませんが、年に数回各種イベントの際に1階部分を一般公開しています。 また、夜にはライトアップもされています。(時間:日没後~21時まで、7月から9月は22時まで) 10月6日(土)、7日(日)特別公開します。  ■起工:明治30年9月1日  ■竣工:明治31年10月31日  ■基本設計:ドイツ・ゲルマニア機械製作所  ■実施設計:妻木頼黄  ■施工:清水組(現・清水建設株式会社)  ■敷地面積:33,787㎡  ■建築面積:3,481㎡(当初建築面積:1,907㎡、一部解体により残存部2,829㎡)  ■述床面積:6,983㎡(一部解体により残存部5,456㎡)  ■建物高さ:約21m(地盤面から5階棟頂部まで)  ■構造様式:地上5階建煉瓦造(イギリス積、一部長手積)    床/鉄骨併用煉瓦造アーチ式耐火床、一部木造床    柱/鋳鉄、一部木造    屋根/天然スレート葺桟瓦付、一部亜鉛板棒葺  ■交通   名鉄住吉町駅下車 国道247号沿い東へ徒歩5分      (ナゴヤハウジングセンター半田会場隣り)  ■お問合せ先   担当課:企画課   電話:0569-21-3111(内線223) FAX:0569-23-6061   メール:kikaku@city.handa.lg.jp

御殿万歳(ごてんまんざい)

御殿万歳(ごてんまんざい)

万歳は新年を祝って、太夫(たゆう)と才蔵(さいぞう)が歌い踊る伝統芸能。東海市では御殿万歳が有名です。  御殿万歳は、江戸時代までは盛んでしたが、明治時代より後、だんだんはやらなくなり、加木屋(かぎや)町、横須賀(よこすか)町辺りでほそぼそと伝えられるくらいになってしまいました。  昭和36年ごろ、「このままでは御殿万歳がなくなってしまう」と保存会ができ、昭和44年には市無形民俗文化財にも指定され、みんなで大切に守り伝えています。 ●御殿万歳の昔むかし  鎌倉(かまくら)時代、今の名古屋市北区辺りのお百姓さんが始めた尾張万歳が大ヒット。うわさを聞いて、寺本村(今の知多市八幡)の若い人たちも万歳を習いました。  そのニュースが隣の藪村(やぶ村・今の養父町)、加木屋村(かぎや村・今の加木屋町)に伝わり、ここでもみんなが覚えました。そして尾張万歳は、養父町、加木屋町、高横須賀町の辺りにでも広まったのでした。  そして江戸時代の初め。横須賀村(今の横須賀町)に尾張藩(おわりはん)のお殿様・徳川光友(とくがわみつとも)公の御殿ができ、今の安城(あんじょう)市の辺りからたくさんの占い師がやってきました。彼らが村の人に教えたのが三河万歳です。  この二つの万歳が、東海市の御殿万歳のもとになっているのです。 ●御殿万歳はこんなお話  「鶴(つる)は千年 亀(かめ)は万年」というせりふからはじまって、おめでたい言葉が続きます。  御殿万歳の前半は、柱を立てて御殿をつくる場面。これから御殿をつくります。1本1本柱を立てていき、御殿の門には鶴が巣をつくります。せりふをよく聞いてみたら、不思議なことに気付いたよ。  「まづ(ず)一本の柱が一の宮/真澄(ますみ)高尾(たかお)の大明神(だいみょうじん)/二本の柱が二の宮神社/三本の柱が榊(さかき)の明神/四本の柱が弁財天(べんざいてん)ヨ/五本の柱が津島の神社」。  それぞれの柱に神社(じんじゃ)や神様の名前が付いています。どうしてでしょうか。  昔から、柱には神様がいて、その家を守ってくれると信じられてきました。家で一番太い柱を大黒柱(だいこくばしら)と呼ぶのは、このことがもとになっているようです。  だから、御殿万歳でも柱に神社や神様の名前が付いているんです。  いよいよ門が開きます。七福神(ひちふくじん)もやってきて、踊りを踊ってとてもにぎやか。楽しそうですね。 ●七福神の舞  御殿万歳の見せ場は何と言っても七福神の舞(まい)。次つぎと神様が出てきて、おもしろいしぐさをするのです。鼓(つづみ)の音に合わせて「エヘ、オホ、エヘ、オホ」って笑うから、見ている方も、つられて笑っちゃいます。 恵比須(えびす) 鼓を担(かつ)いでその場でぐるりと回ります。 大黒天(だいこくてん) 鼓を担いで、手で口を隠(かく)したり見せたりして笑っています。 布袋(ほてい) ほおをふくらまし、両手で支えた大きなおなかが重そうですね。 寿老人(じゅろうじん) 腰(こし)が曲がり、杖(つえ)をついたおじいさん。 福禄寿(ふくろくじゅ) 頭が長い神様で、頭に鼓を載(の)せます。 弁財天(べんざいてん) 「すんにゃり、ぐんにゃり」と女らしいしぐさをします。 毘沙門天(びしゃもんてん) 弁財天に焼きもちを焼いて、鼓や扇子(せんす)をさかずきにしてお酒を飲むかっこうをします。

網本直売 魚太郎

網本直売 魚太郎

当店、店舗内は新鮮な魚介類が店内を埋めつくしています。そのままお買い求めいただき、浜焼きコーナーで食すも良し、お家にもどって知多の土産話しをしながら食すも良し、日頃お世話になっているあの方に送るもの良し、ぜひ店頭でおいしいあの食材をお買い求め下さい。 ■魚市場 網元直売で水揚げされたばかりの魚介類が直売、低価格、新鮮! お中元、帰省みやげなら魚太郎の魚市場で!! ■浜焼き 新設!UVカット95%の下で新鮮、おてがる『浜焼バーベキュー』 ※車イスの方もご利用いただけます。(事前にご連絡ください)  ■めし処 網元直売のメリットを生かした、その日水揚げされた魚介類を使うから新さは抜群!お刺身やグルメ気分を味わえるのも網元直売だからこそと言えます。もう一つの目玉は「名物・魚太郎汁」。獲れたての魚・エビ・カニ等をダイナミックに大鍋で煮る豪快な味噌汁です。新鮮な魚や貝から獲れるダシの味は実においしい。 ・[日替わり]板長おすすめ御膳 2,700円(税込) ラストオーダ 15:00 ■“出店”コーナー 魚太郎シーサードスペースにおしゃれなパラソルの下で海を見ながら、お手軽に軽食をお召し上がりいただけるスペースが新設されました。  魚太郎オススメの新鮮な魚介類をお値打ち価格でお召し上がりいただけます。(雨天時はご利用できません)

乳竇山報恩寺(にゅうとうざん ほうおんじ)<知多四国八十八ヵ所巡礼 第五十七番>

乳竇山報恩寺(にゅうとうざん ほうおんじ)<知多四国八十八ヵ所巡礼 第五十七番>

当山は、源義朝公の武将、鎌田兵衛二郎政清の菩提をとむらうために創建された。鎌田政清は、平治の乱で平清盛に敗れた源義朝公に従いこの地に逃れ、野間の荘司である長田忠致の館に滞在していた時、主従ともに惨殺された。その政清の菩提をとむらうため、乳母だった報恩寺殿乳竇貞哺大禅定尼が当山を建立した。往古は天台宗だったが、1504~1521年間に雲関珠崇禅師が再興し、曹洞宗に改め現在に至る。昔この地では雨水を飲料としていたので、弘法大師が立ち寄った際、金剛杖で裏山より湧水を出させたという霊水がある。また、大師一夜彫りの石造観音が祀られている。 ☆えびせんべいの里・・・南知多道路美浜ICからすぐ  知多の海で水揚げされたばかりのえびを使った、えびせんべいの製造工程が見学できる。即売コーナーあり、休憩コーナーではコーヒー無料。駐車場完備、年中無休。 ☆南知多ビーチランド  総合海浜公園。イルカショーやアシカ、トド、ペンギンと触れ合う催しがある。大人入場料1300円。年中無休。名鉄知多奥田駅から徒歩10分。 【宗派、本尊】曹洞宗、西方如来 【場所】名鉄知多奥田駅下車 バス奥田中下車徒歩6分 日本福祉大学近く(Pあり)

横須賀まつり

横須賀まつり

横須賀まつりは東海市横須賀町にある愛宕神社の秋祭りです。 神社に収穫御礼、無病息災を願い山車を曳きまわすお祭り。見どころは、山車を十字路で何回転もさせる迫力満点の”どんでん”。山車の上でそれぞれ披露されるからくりの演技も必見です。9月に開催されます。 このあたりは江戸時代には横須賀町方といわれ、尾張2代目藩主徳川光友公の別邸(横須賀御殿)のあったところです。   当初は笠鉾祭りだったといわれていますが、江戸時代末期に、5台の山車が揃い曳かれる祭りになりました。   山車は北町組・公通組(圓通車・八公車)・大門組・本町組の5台で,いずれも名古屋型の山車です。   祭礼には4台(公通組の圓通と八公の山車は隔年毎)が曳き出されます。   高さ6.7m重さ5tもある大きな山車が街じゅうを曳きまわされます。辻では、「ヤー」との掛け声で山車をかつぎ回転させる「どんてん」が見ものです。屋形から舞う紙吹雪とお囃子が雰囲気を盛り上げ、観客の拍手と歓声があがります。これに先立ち、奉納されるからくり人形の演技はまた素晴らしく、見物人の目をくぎ付けにします。からくりには、北町組・公通組・大門組・本町組のからくり人形の演技が披露されます。 ■からくりの演技の種類 1 本町組山車   遊んでいる唐子が甕に落ち、機転を利かした他の唐子が甕を割って助けます。 2 北町組山車   2体の唐子のうち1体が蓮台を回すと、もう1体が太鼓をたたいたり逆立ちして鉦を    叩きます。 3 公通組山車   小木偶が大木偶の肩に止まって逆立ちをし、大木偶の持っている太鼓をおはやし    の「楽」に合わせて叩くしぐさをします。 4 大門組山車   人形は、扇と神楽鈴を持って舞う三番叟で、「楽」に合わせてくるりと向きを変える    や否やお社になり、階段・鳥居が現れるまでを一瞬に演じ、また元の三番叟に戻り   ます。 ■アクセス  名鉄電車「尾張横須賀」駅下車西へ徒歩5分

漁師民宿 たから舟

漁師民宿 たから舟

素朴で暖かな雰囲気が多くの人に親しまれている宿、「たから舟」。漁師暦50年のお父さんを中心に、家族三人で切り盛りしています。自慢はなんと言っても、毎朝お父さんが漁に出かけて仕入れてくる、新鮮な海の幸!目で舌で、豪快に海の幸を味わい尽くすことのできる、素材をいかしたシンプルな料理を民宿のならではのアットホームな雰囲気の中で頂くというのは、本当においしいんです。 また、篠島ならではの体験ができるのも「たから舟」魅力の1つです。 ●ひもの作り体験 「いしもち」「きす」「カレイ」「あかしたびらめ」など近海で捕れた魚を使用してひもの作りが体験できます。もちろん、包丁をはじめて手にするお子様でも、お母さんが丁寧に教えてくれるので、ご安心を。乾燥するまでには2・3時間かかりますが、 その間に島を散策していれば自分が作った干物なんて、とても素敵なお土産ができますよ。 ●漁師体験コース 親子連れに人気の漁師体験コース。漁師歴50年のお父さんといっしょに漁へ行くことができます。とったばかりの魚はもちろん料理して頂くことができます。 民宿「たから舟」は名前の通り、篠島でしかできない体験、篠島でしか味わえない料理、ここで過ごす時間は宝物になると思います。是非、足を運んでみてください。

東海市農業センター

東海市農業センター

■施設の概要  農業センターは、都市近郊農業としての地域の特性を活かした農業の振興を図り、農業経営の安定化を促進するとともに、緑豊かなまちづくりを推進するための拠点施設として、昭和58年5月14日に開設しました。  各種果樹、花卉等の農作物の栽培展示と農業後継者の育成、農婦人団体の活動支援などを行うほか、市民のふれあいの場として、あるいは農業の知識と理解を深める場所として広く公開しています。 ■施設の主な事業内容  ・農作物の栽培技術に関する試験研究及び普及に関すること   「洋ラン温室」では、シンビジウム、デンドロビウム等のラン科植物を栽培し、新品種の育成と展示をしています。  「野菜展示園」と「果樹展示園」では、市内で生産されている主要な野菜や果樹を栽培し、農家の研修の場としています。また、児童生徒の体験学習の場としても活用しています。  「農業フェスティバル」や「東海フラワーショウ」などへ参加しPR活動を行っています。  ・教室及び講座開設   農家を対象とした農業技術講座や市民を対象とした家庭園芸講座「野菜、果樹、洋ラン、ハーブ」等の講座を開催しています。   ・農作物の即売   センター内で、その時節に収穫された新鮮な「イチジク」、「ブドウ」、「ミカン」などを8月上旬から1月下旬まで販売しています。  「シンビジウム」や「デンドロビウム」などを12月上旬から3月まで、毎週土、日の午前9時から12時まで販売しています。 センター内で収穫した、いちじく、ぶどうなどの果実や、シンピジウム、デンドロミウムなどの洋ランを即売。野菜園や果樹園の見学もできます。 ■交通  名鉄電車「太田川駅」から知多乗合(知多バス)「木庭」経由の「上野台」行きなどで「木庭西」下車徒歩3分  らんらんバス(市循環バス)運行時間帯(おおむね午前9時から午後5時)は、らんらんバス「市役所」下車徒歩7分

大田まつり

大田まつり

大田まつりの由来は、良質な田畑を有する農村部の大里村が、村社である大宮神社において、無病息災、五穀豊穣を祈願したことがはじまりとされています。  山車を飾る「からくり人形」は江戸時代の精密技術を現代に伝えるものとして非常にすばらしいもので、山車を十字路で回転させる「どんでん」と呼ばれる行事で、祭りは最高潮に達します。  その昔、大田まつりは「大里祭り」と呼ばれていました。毎年10月1日(現在は10月の第1日曜日)に行われる大宮神社の例祭で、当日は里、市場、黒口、荒古の各組から、それぞれ1台づつ山車が奉納されます。  これらの山車4台とも、現在東海市の有形民俗文化財に指定され、いずれも精工なからくり人形を持ち、特に里組の人形は、新聞紙1頁大の白紙に向って、墨痕あざやかに漢字を書いてゆくので有名です。  街角でこの里組の人形が「祝」とか「祭」などの漢字を笛、太鼓の囃子にのって見事に書き終わると、見上げる多くの観衆から、歓声と拍手がどっと嵐のように沸きあがるのが常であります。  なお、祭礼当日の朝、この4台の山車が、笛、太鼓の囃子も賑やかに、大田川右岸を大宮神社へ向うとき、優美な4台の車影が川面に映え、一幅の絵巻さながらの風景を見せるので、ここでも人々の歓声がどよめくのであります。 ■からくりの演技の種類 1 黒口組   鳥のとまり木に唐子がブランコをして太鼓を叩きます。 2 市場組   大人唐子の舞いで、肩に止まった人形が神楽鈴を持ち、囃子に合  わせてその鈴   を振り鳴らします。 3 里組   唐子が、前につり下げられた額に文字を書きます。 4 荒古組   唐子2人が蓮台を廻すと、もう一人の唐子がせり上り、逆立ちして  鉦を叩きます。 ■アクセス  名鉄電車太田川駅下車(徒歩5分)