店舗詳細に表示の料金は、ちたまるナビへ掲載時の価格となります。詳しくは各店舗に直接ご確認ください。

739件が該当しました。


イメージ画像

マリーシャンテ

半田市/ 喫茶・コーヒーショップ 、スイーツ

2件

繊細で美しいケーキが人気。ひと手間もふた手間もかけた贅沢ケーキはシンプルなデコレーションながらとても上品。最高の材料を使い、甘すぎない大人のケーキに仕上げている。店内には喫茶スペースも設けられているのでお茶とケーキの至福の時間が過ごせる。


イメージ画像

パティスリーFUKAYA

大府市/ 喫茶・コーヒーショップ 、スイーツ

1件

ケーキから焼き菓子まで種類豊富に揃う。ティールームも併設されている。安心、安全にこだわり、素材から吟味している。こちらの定番といえば種類豊富なタルト。定番タルトに加え、季節限定のものも登場。焼き菓子も豊富に揃うのでプレゼントにも最適。 ★アレルギー対応のデコレーションケーキをはじめました。   対応食品:たまご・小麦粉   15cmサイズ 生クリーム3,675円(税込)~


イメージ画像

大蔵餅 常滑店

常滑市/ 喫茶・コーヒーショップ 、スイーツ

3件

創業昭和26年 セントレアへ続く新しい交差点角にある。 店内には販売スペースの他、ゆったりとした甘味処も併設。 名物の「大蔵餅」は地元の契約農家で作られる無農薬・減農薬で栽培されたもち米と、知多半島で採れたヨモギの新芽で作った風味豊かな草餅をこしあんでくるんだお餅。その大蔵餅を、抹茶シロップをかけたふわふわのカキ氷にのせたのが「大蔵氷」。当初は夏限定メニューだったのが、口コミで人気が広がり通年メ...


イメージ画像

山田家ベル

半田市/ 和食 、フランス料理

2件

三河湾でとれた新鮮素材を和洋で楽しめる店。「尾州早すし」は、江戸時代の製法を伝えたレシピで復元した逸品です。お一人様2,100円 ■レストランベルの西洋料理は、フレンチが基本。すべてが吟味されたコース料理、一品料理です。  1月のフルコース 税込み (6日より)   カモのロースト、和風マリネ、カニ入りコンソメスープ、金目鯛と帆立貝のポワレ、ブールブランとサフランソース、牛フィレと仔羊のグリル、...


イメージ画像

クール・ド・ボルドー

東浦町/ スイーツ

1件

「街のケーキ屋さん」そんな誰もが気軽に美味しいケーキを味わえるお店を目指してオープンしたこちらのお店。 ショーケースに並ぶスイーツは、洋酒やスパイスの香りを押えて、子どもからお年寄りまで誰もが食べやすいように仕上がっています。気取らないシンプルさがクール・ド・ボルドーの自慢です。


イメージ画像

WASHOW (J-HOTEL RINKU)

常滑市/ 和食 、和食 その他 、洋食 、各国料理 、洋食 その他 、焼肉・ホルモン 、エスニック・無国籍料理 、スイーツ

1件


イメージ画像

いも専科 芋ちゅう

武豊町/ スイーツ 、特産物

2件

オンリーワンの商品作りをモットーにさつまいもを使ったスイーツを作り続けてきた芋ちゅう。自慢の大学いもは、いもの香ばしさと蜜の甘さをバランスよく凝縮したぱりぱりの皮に甘い蜜をたくさん吸い込みしっとりとした中身が、今まで食べたどの大学いもとも違います。他にも芋ちゅうでしか味わうことのできないむらさき芋を使った大学いもなど美味しい大学いもを作るために日々研究を欠かさないお店です。 芋ちゅうの大学いもはこ...


イメージ画像

洋菓子 カレット

常滑市/ スイーツ

4件

ふんわり甘い生地と濃厚なチーズの旨みが自慢のブッセが地域の人に愛されてきたお店、カレット。元々は和菓子“加登屋”やとして創業したこともあり店内には和菓子もならんでいます。もちろんブッセや和菓子以外のスイーツも人気です。フルーツショートは生クリームの代わりにヨーグルトクリームを使い、フルーツとあわせた爽やかなスイーツです。 そして抹茶ムースは和の素材の“栗”や“うずら豆”を使いムースの中にお餅をしの...


イメージ画像

PATISSERIE Salut

阿久比町/ 喫茶・コーヒーショップ 、スイーツ

1件

オープンして7年目のパティスリーサリュー。サリューのケーキは、味はもちろん、見た目にもこだわってものばかり。お客さんによって前来た時とショーケースの中が違うものであるようにと、常に新作を作り続けています。ほかにも焼き菓子もオススメですよ。


イメージ画像

お茶の寿園

常滑市/ 喫茶・コーヒーショップ 、スイーツ

1件

常滑市の昔ながらの商店街の一角にあるお茶の老舗。 目の前には知多四国霊場に指定されたお寺もあり、お遍路さんも気軽に立ち寄れる心配りがうれしいお店です。 店内に並ぶお茶は、寿園が全国から集めた茶葉をオリジナルでブレンドしたものばかり。地域ごとのお茶の葉の味・香り・色を長年の経験で選び、ブレンドするので寿園でしか味わえないお茶が楽しめます。 オススメは、4月から5月にかけて収穫した茶葉を使った「新...